カテゴリー
行政書士業務

行政書士5年目スタート

 お久しぶりです!今回は事務員更新ではなく代表更新です!12月1日をもって行政書士5年目がスタートしました。登録当時は行政書士登録費用の約30万円を捻出するのもきつく、かなり苦労し何とか節約生活をし無事登録できました…。そして金なしコネなし知識なしの22歳の行政書士1年目がスタートし、これからは早くも5年目。これも、顧問先企業様、個人でご依頼をしてくださったお客様、お仕事をつなげてくれる経営者の大先輩、補助スタッフの方々のおかげです。ありがとうございます。

 4年目はコロナウイルスの影響の不安もありましたが、行政書士業務以外にも一般社団法人ENISHI業務執行理事、一般社団法人北海道バリアフリー推進協会副会長、NPO法人カムイ大雪バリアフリー研究所監事等、役員を仰せつかっている様々な活動にも積極的に関われました。

 よく言われるのが「士業って儲けてるの?儲かってるんだからごちそうしてよ」。そこじゃないんですよね見てほしいのは。(高額報酬請求したり、違法なことやって逮捕されている士業・コンサルタントはよく報道されてますが…。)「事」に「仕える」と書いて「仕事」。ではその仕えている「事」とは何なのかというのがお金より大事ではないのかな。自分は障害福祉やマイノリティーの分野の問題がもともとやりたいこと。そのための手段がたまたま行政書士だっただけ。行政書士だからこそLGBT関係の活動法人のENISHIにいる。行政書士事務所経営者としての一面があるからこそ出会ったご縁がつながって北海道バリアフリー推進協会にもいる。目先の利益にとらわれず、あくまで行政書士という「手段」を活用し、よりよき社会を創り出すことを目指し5年目も精進してまいります!

行政書士/相続診断士 木明翔太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です